RECRUIT

メンバーインタビュー

ただ作るだけではない効果を最大化させるクリエイティブプロデューサー

みなさん、こんにちは!MOVAAA広報チームの櫻井です。
第二回目の投稿となる今回も、メンバー紹介企画です。
クリエイティブプロデューサーの相原俊紀さんにお話を聞きました。
~前職ではどのようなことをしていましたか?~ CM制作会社に所属していました。以前の勤め先は、TVCMやWEBコンテンツを制作しています。私は、CM部署に所属しており、資生堂・花王・サントリーなど日本大手企業を担当し、年に4本ほどのTVCMを制作しました。
新卒で入社し、プロダクションマネージャー(※)としてキャリアを積み、最終的にはプロデューサーに昇格しました。

※プロダクションマネージャー。プロデューサーの監督のもと、それぞれのスタッフのコミュニケーションを取り持つ役職です。また、スケジュールや予算を管理し、企画からリリースまでに必要な手配を担当します。
~CM業界においてのプロデューサーとはどのようなことをするのですか?~ 一言で表すと「制作での最終責任者」ですね。制作上での資金調整、動画の内容、クライアントとの意見交換など、制作を円滑に運営するためにプロジェクトをコントロールしています。また、動画クリエイティブの品質を最大化するために、表現のテイストに合ったスタッフィングも重要です。

スタッフィングとは、カメラマンや演者でチームを組むことです。一見カメラマンは同じクリエイティブを制作できると思われる傾向にあります。例えば、物撮り(※)に長けているカメラマンもいれば、人物ポートレートに長けているカメラマンもいます。多種多様なスタッフを選び、適切にアサインすることで最高のクリエイティブに昇華させます。

このような制作進行以外にも営業業務も担当し、クライアントや代理店とコミュニケーションする機会も多かったです。
※物撮り(ぶつどり):商業広告などに使う商品(物)を見栄えよく撮影すること。
~MOVAAAではどのような業務に携わっていますか?~ MOVAAAの中核となる動画案件も多いですが、SNS案件やWEB案件も担当しています。
SNS案件・WEB案件のどちらにおいても、フォトクリエイティブや動画を制作することが多いです。
~なぜMOVAAAへ転職しようと思いましたか?きっかけはなんですか?~ “制作したい”だけではなく、さらに多くの人に“見てもらいたい”という意識に変化したからです。
前職は、TVCMの制作マンでした。TVCMは放送局に出稿、テレビに放映され完結する。いわば、放映期間が終わってしまえば、世の中の人は視聴してくれない。
さらに多くの人に制作物を“見てもらう“ため、ソーシャル戦略やYouTubeを活用した包括的なプランニングに興味を持ち、MOVAAAで挑戦しようと思いました。
MOVAAAでは、得意とする動画案件のほかにも、多岐にわたるジャンルのコンテンツ制作に関わっています。
~その業務を行う上でのこだわりはありますか?~ クライアントの要件や要望、期待に答えつつ自分なりに納得するものを世の中に出していきたいというこだわりがあります。動画撮影時では、依頼するスタッフ・クライアントと一丸となり最大限のクオリティを追求することもこだわりの一つです。
~業務を行う上で他の人には負けない!という部分はどんなところですか?~ 費用や時間を最大限考慮した範囲で動画クリエイティブの品質を最大化することです。完成理想像から逆算し、現実的に完成可能なものかを的確に分別した提案もできます。
~やりがいはどこに感じていますか?~ “ただ作るだけ”ではなく、様々な側面から動画やクリエイティブを考え、エンゲージメントを最大化できる点が私のやりがいです。
具体的には、「制作し配信する」だけではなく、「いかに制作物をユーザーにリーチさせるか」というプランニングを立てることです。
~MOVAAAにいるからこそできたことはありますか?~ WEB制作・運用をしているメンバーズグループだからこそSNSやSEO、YouTubeのノウハウを簡単に吸収できることです。そのため、他社にはないコンテンツマーケティングの提案や運用でクリエイティブの価値を最大化できることです。 ~MOVAAAでの業務で一番心に残っていることはなんですか?~ プレミアムアウトレットの動画案件です。90秒尺の動画制作を想定していましたが、「長くて誰も見ないのでは?」とクライアント(社長)から指摘を頂きました。結果、30秒での制作に変更しました。しかし、クライアントの要望を30秒では伝えきれないという問題に直面。制作が難航しました。根本となる原因は、クライアントに完成動画に対して鮮明なイメージを提案できなかったことでした。そのため、クライアントからの理解を得るためにビデオコンテを制作。クライアントとの認識をすり合わし、制作を円滑に完了させました。結果、クライアント(社長)から直々に高い評価をいただきました。
プレミアムアウトレットPRムービー
「MISSION SANTA~富士の麓で5つの挑戦~」はこちらからご覧ください
https://youtu.be/rRrxrJH2n4Y 制作の難しい案件でしたが、クライアントからの理解を獲得できたこと。そして、定常的には外注するビデオコンテ制作から撮影まですべての段階をMOVAAA単独で遂行し、結果を出せた点で心に残っている案件でした。
~これから挑戦したいことはありますか?~ 上記のような案件を増やすことです。具体的に言えば、上流から下流まですべての段階をMOVAAA内で完結させる案件のことです。そのためには、社内の制作体制をさらに強化させたいと考えています。デジタルマーケティングにおける動画制作に熟知したカメラマンや映像ディレクターと一緒にMOVAAAを盛り上げていきたいです。
~最後にメッセージをどうぞ~ 動画案件を得意にしていますが、フォトクリエイティブやGIFアニメーションなども高いクオリティで提供できます。お気軽にご相談ください。