ムバログ!

NEW

ガチンコ対決デザイン編 ~乾vs山下~

  • 社内企画
  • 2019.02.21

みなさんこんにちは。広報担当の乾です。

突然ですが、この会話を見ていただけますでしょうか。

はい、という感じで僕のクリエイティブは広報内では酷評されているんです。

でもこれって乾が作ったという枠でクリエイティブを見ているからそう判断されていると思うんですよね。

ということで今回は同じお題の下、僕を酷評した山下さんとデザイン対決を行いたいと思います!

 

対決のルールは以下の通りです!

・制作期間は1時間

・クリエイティブの発表の際は名前は出さない(先入観を無くすため)

・投票は社内で行う

・結果に対してフィードバックを貰い今後に役立てる

 

ということで、対決前にしっかり勉強します。

MOVAAAとメンバーズの本棚にはスキル学習用の本があり自由に読むことができます。

MOVAAAの社内で行われた勉強会の参考書なども置かれており宝の宝庫です。

今回は打倒デザイナーということでWebデザイナー入門書から読み始めました。

読めば読むほど自分のデザイン知識のなさに驚きました。

デザインは思い付きや何となくの感覚で進めるのではなく、きちんとした理論があったり

手法があったりすると23歳にして初めて知ることができました。

 

黙々と勉強していましたが本を読んでもわからないことは多く、誰かに聞こうと悩んでいたその時!

 

乾「櫻井さん!」

 

コーヒーを買いに来た櫻井さんを捕まえ、疑問点を聞いてみました。

すると流石櫻井さん。僕の持っていた疑問に答えるだけでなくアドバイスまでいただけました!

気軽にアドバイスを貰える先輩との距離感が近いっていいなとしみじみと感じました。

その頃北九州の山下さんから対決に向けてこの写真と共にコメントが送られてきました。

山下さん「今回は私が乾くんをいじってしまったことから発生した対決ですが、できればギッタギタにできるようにがんばります!!」

 

時は過ぎいよいよ対決の日になりました。

 

北川君「お題を発表します!お題はムバログのバナーです!サイズは600×500で作ってください!」

 

ついにお題が発表されました。ここ数日の努力を発揮して山下さんをぎゃふんと言わしてやりたいところです。

 

制限時間は1時間ということもあり、真剣にデザイン作業を行いました。実は撮影前日に彼女に振られましたが、この1時間だけはそんなことも忘れて作業に没頭していました。現実は辛いです。

一生デザインをやっていたいですね。

対する山下さんも黙々と作業を進めていきます。お互いのプライドをかけた対決なので真剣です。

北川君「タイムアップ~!!はい、手を止めてください!皆さんどうでしたか?満足いく作品は作れましたか?」

 

山下「時間制限が思っていたよりもきつかったです。。完成させることはできたので乾君をギッタギタにできると思いますよ!」

 

乾「やり切りましたよ。僕めっちゃ勉強しましたからね。勝っちゃってもいいんですよね?これ」

冒頭で行ったルール説明通り、Googleフォームを使って社内で投票を行っていきます。誰が作ったかは隠しますが、今回のクリエイティブを発表します!

エントリーナンバー①

エントリーナンバー②

皆さんどうでしょうか?どのクリエイティブが一番良かったか、ここは直した方が良いよと思った方今後の参考にしていきますので是非Facebookでコメントください

https://ja-jp.facebook.com/movaaa.inc/

 

北川君「結果発表です!
勝者は②のバナーを作った番山下さん!
19票を獲得してぶっちぎりの勝利でした!
コメントを紹介していきますね。」

・②は一瞬で目を引いたためいいと思いました。

・②のほうがメッセージ性があり、目に入るのでわかりやすい。

・文字の角度と背景の角度がそろってない気がする。

文字が切れているのが気になりました。

・YouTubeのYが切れているのと、Tが小文字になって間違っているのが残念。

正しくはYouTube。

・ちょいキモでクリックしたくなる。

・櫻井くんの顔が面白かったからです。後はキャッチーなテキストがあるかどうかで選びました。

                                   

山下さん「当然の結果ですね!(何様) やはりいじった手前、負けたら恥ずかしいので勝てて良かったです。」

 

櫻井さん「勝手にフリー素材として使われた上この言われ様ですよ…(笑)」

 

北川君「残念ながら敗者となったのは乾君。
獲得票は3票でした。コメントを紹介します。」

・中の文字が見えにくい。コピーもあまりすっと入ってこないです

・「5名が~」がもっと目立てば見てみたいな!ってなるのかなと。

・訴求内容がわからない。遷移後なにがあるのかわからない。ロゴの入れ方雑。

・もしかして、マック本体いらなかった??と思った。

・ポップアップの画面を作り込めばもう少しよくなると思います。

 

乾「言われてみるとそうだよなぁ。いやー完敗だこれは。」

 

北川君「乾君残念だったね。二人に対してもバナー制作のアドバイスが来ているので、それも紹介します。」

 

・バナーのサイズが実寸でどれくらいのものになるかを想定して作成すると良いですよ。

クリックされないのが基本だという視点と、見る側の心理も考慮してはと思います。

・当たり前のことですが、バナーはスルーされやすいので、一目でユーザーの興味を引く

デザインやコピーが大切だと思います。

・バナーは結構小さいサイズでサイト上に表示されるので、案①のバナーの文字サイズだと、表示されても読まないと思いますので、文字を大きく、少なくしたほうがよいかと思います。また、案②のように目立つ色を使ったほうが、目に入りやすいと思いました。

 

乾「バナー画像って難しい。無視されることを前提にっていう辺りが僕のデザインでは

できていなかったなと客観的に見て思いました。」

 

山下「ユーザー視点を持ってデザインすることの大切さを感じました。文字の大きさであったり色の使い方であったり学ぶことは非常に多いですね。」

 

激闘の末幕を閉じたガチンコ対決。特訓の成果も発揮できないまま敗北してしまいました。

 

対決を振り返ってみると非常に悔しいですね。回答を見た時久々におなかが痛くなりました。

ただ以前の僕なら3票も入ってなかったと思うのでそこは進歩したかなと思います。

今回の対決ではやはりデザインの基礎であったりユーザー視点でデザインを考えるという事ができてなかったと思いました。

ディレクターという職業でも指示を出す際にその辺りの知識は必要不可欠ですし学んでいかないといけません。

 

次回こそは山下さんに負けない様に頑張りたいと思います!

回答とコメントをしていただいた方々ご協力ありがとうございました!