• トップ
  • /
  • ムバログ!
  • /
  • 働く環境紹介
  • /
  • 【ムバ勉レポートvol.1】分析力アップ勉強会~メタ思考力~

ムバログ!

【ムバ勉レポートvol.1】分析力アップ勉強会~メタ思考力~

  • 働く環境紹介
  • 2019.02.07

皆さん、こんにちは!

広報担当の北川です。

 

MOVAAAでは、月に一度教育担当主催の勉強会を実施しています。

今回の記事では、1月に開催した勉強会「分析思考力UP勉強会~メタ思考力~」についてご紹介します。

 

 

勉強会の背景

MOVAAAには、YouTubeアナリティクスやGoogleアナリティクスを使用したレポート作成などの分析業務があります。その他にも、運用案件ではPDCAサイクルを回すために多くの場面で分析のスキルが求められます。

そして、今後はAIの普及により単純な作業は取って代わられる一方、人間に対しては機械ができない仕事のウェイトが増してくると考えられています。その中で自身の持つ価値を上げ、冷静に判断し柔軟に対応していくことがより求められます。

個々に求められる「分析のスキル」と「柔軟に対応するスキル」を深め、思考力をアップするため「メタ思考」がよいのではないかということになり、勉強会が開かれました。

 

 

勉強会の内容

座学やワークショップ形式など、テーマに合った形式で勉強会が行われますが、今回は、まず「メタ思考」を座学形式で学び、後半はメタ思考を使ったワークショップ(練習)を行いました。

今回の勉強会の参考図書になったのは、細谷功さんの著書「メタ思考トレーニング」です。

それでは、今回勉強会で学んだメタ思考についてご紹介します。

 

 

 

メタ思考とは?

メタ思考とは「物事を一つ上の視点から考える」思考方法です。

普段考えている領域よりも一つ上の視点から客観的に物事を見て、考える力ですね。

 

自分自身を「幽体離脱して上から見る」こと(=メタ認知)は、自己成長のためには必須の姿勢であるとよく言われそうです。

 

 

 

メタ思考をとりいれることで得られるものは?

メタ思考を取り入れ、俯瞰して物事を見ることで色々なことが得られるらしいのです。

そして、具体的には以下のようなものが得られるそうです。

 

 

まぁざっくりいうと、「モニタリング・コントロール能力」が得られ、自分自身の思考や心理状態、行動そのものを客観的に監視・把握・分析することができるようになります。そして、自身の状態に関する洞察をもとに、自らの行動を望む方向に制御・調整していくこと可能になるらしいのです。

 

 

 

 

メタ思考ワークショップ

メタ思考で物事をとらえる練習としてワークショップを行いました。

皆さんも考えてみて下さい。

 

問 「昔ながらの喫茶店」の競合はどこか?

 

昔ながらの喫茶店イメージ(いわゆる純喫茶というやつです)

 

 

 

皆さんは純喫茶の競合わかりましたか?

それでは、回答をご説明します。

 

メタ思考の考えにそっていくと、まずは喫茶店に行く「目的」をなるべく多くあげていきます。

例として

・コーヒーが飲みたい

・暇をつぶしたい

他にもあるかもしれませんが、今回はこの2つを上げておきます。そして、次は上記の目的に対して「別の手段」を考えてみましょう。

・コーヒーが飲みたい → 自分で淹れる、コンビニで買う、自販機で買う…

・暇をつぶしたい → スマホゲーム、ゲームセンター、読書、映画鑑賞、LINE…

さっと考えただけで際限なくできてきます。

このように「喫茶店に行く」行為だけでもいろいろなことが考えられます。

 

 

「快適に時間を過ごしたい」といった、行為においての上位目的が変化することはなかなかありません。つまりメタ思考というのは「簡単には変わらないもの」をしっかり掴んだうえで代わりとなる手段を考えるということです。

 

 

勉強会を受けてみて

メタ思考の考え方を活用することで、視野が広がり、様々な視点からものごとをみることができると思いました。この思考法を身に着けるために、大事なのは普段から意識して視点を上げることです。レポートなど分析業務だけではなく、普段のコミュニケーションからメタ思考を活用したいです。まずは、意識を変えて、思考を変えていく!そして言動、行動も変えていく!これを目標に取り組みます。

 

それでは他のメンバーにも感想を聞いてきたのでご紹介します。

 

乾感想

レポート作成の際に示唆などを書いているのですが、似たような示唆になりがちという悩みがありました。今回メタ思考の勉強会に参加しいつもとは違った視点で物事を考えるということを学びましたので

次回以降のレポータ作成に活用するだけでなく、クライアントの課題解決の際のアイデア出しなどにも活用していきたいと思いました。

 

 

立山感想

「メタ思考」という言葉は聴いたことがあったのですが、これまで、意味はなんとなくでしか理解できていませんでした。今回の勉強会によって、「メタ思考」を行う際の基本的な思考法を学ぶことができたので、今後の業務に活かせたら良いなと思います。

 

 

最後に

MOVAAAではスキルアップの取り組みとして、毎月1度勉強会を実施しています。

2月の勉強会は「教えて!工藤さん。」です。レポートなどのエクセルの悩みを工藤さんが解決する勉強会を開催予定です。こちらもまたレポートさせてもらいます。