• トップ
  • /
  • ムバログ!
  • /
  • 働く環境紹介
  • /
  • クリエイターズファイル櫻井祐介 ディレクター×クリエイター

ムバログ!

NEW

クリエイターズファイル櫻井祐介 ディレクター×クリエイター

  • 働く環境紹介
  • 2018.12.27

みなさんこんにちは。広報担当の山下です。
今回はMOVAAA東京拠点で生粋の天然といわれている櫻井祐介氏にインタビュー。
ディレクターとクリエイターの二つの顔を合わせ持つ櫻井氏の裏側について語ってもらいました。

 

==========================================================

PROFILE

櫻井祐介
2017年メンバーズ入社、MOVAAAに配属。
大手文房具メーカー、鉄道会社、家電メーカー、銀行の案件にアサイン。
Facebook、YouTube、Webサイトの運用ディレクション・クリエイティブ制作業務を行っている。

==========================================================

山下

ディレクターとクリエイター二つの顔を使い分け、黙々と仕事をこなしているのが印象的な櫻井さんですが、そもそもディレクターとクリエイターの違いとはどう考えていますか?

 

櫻井さん

ざっくり言うと、「ディレクター=制作があまりない」「クリエイター=制作が主(依頼されて)」という感じですかね。

 

山下

なるほど。その中で櫻井さんはどのような業務を行っているのですか?

 

櫻井さん

今はクリエイター業務だと動画制作やイラスト制作、撮影などを行っています。バナーのイラスト制作、SNS投稿・サイトに使用する動画の撮影や編集です。

ディレクター業務ですと企画立案や取材先へのアポ取りなどですね。投稿企画を考え、たくさんの店舗さんにアポ取りして撮影やインタビューをしています。先日は取材アポを取っていた店舗さんにドタキャンされてしまって、ちょっとつらかったです笑

 

山下

ドタキャンはつらいですね。。それにしても幅広い業務内容ですね。そんなに幅広い業務内容を行うのは大変じゃないですか?櫻井さんは最初ディレクター志望だったと聞いていたので、現在の多岐に渡る業務内容をお聞きすると気になるのですが・・。

 

櫻井さん

そこまで大変だとは思わないですね。上司につきっきりで仕事を見てもらっているのと、ディレクター志望というのがそもそも成り行きなので。正直、上司のほうが私の面倒をみているので大変ですね笑

 

山下

成り行き。。笑 上司の方との関係が櫻井さんのキーになっているんですね!
ディレクターを志望した経緯について詳しく教えていただけますか?

 

櫻井さん

本当に成り行きです笑。大学時代に「考えること」から「作ること」までを課題などを通してやってきた中で、制作もしつつディレクションもしたいなと思っていて。そこで入り口としてディレクター志望と言っていました。

 

山下

大学時代の経験から志望したんですね。そして入社後は上司がつきっきりで、ディレクションとクリエイティブの指導をしてくれていると笑

 

櫻井さん

そうですね、本当につきっきりで仕事をみてもらっています。それこそ弟子入りのような感じで。上司のやっていることを見させてもらって学んでいます。

ある案件で撮影を担当していたのですが、私の技術が足りず一回担当変更になりそうになったことがあって。でもやらないと技術上がらないですって食い下がって。そういうのも上司はきちんと受け止めてくれて、今は撮影技術も上がってクライアント様にお褒めの言葉をいただくこともあります。また早期にディレクションから制作までをすべて任せて頂く機会もあって、そこでだいぶ鍛えられました。

そういう点で、やはり私の成長にはしっかりと学ばせてくれる上司との関係が非常に大事な役割になっていましたね。
また、最近では勉強会なども活発になってきているので、これから入ってくる方にはそこも鍵になってくるのかなと思います。

 

山下

勉強会、最近増えてきていますよね。

 

櫻井さん

上司や教育担当の方が企画するものもあれば、各社員やグループなどが自主的に開催するものもありますよね。最近だとデザインのスキルアップを狙った勉強会をコンテンツマーケティンググループで自主的に行っていたり、サーチコンソール(※主にGoogle 検索結果でサイトのパフォーマンスを監視・管理ができる無料ツール)の勉強会をメンバーズ社員と一緒に開いたり、外部のカメラマンさんをお招きして撮影の勉強会をやりましたね。

基礎から応用まで段階を踏んで企画してくださるので、非常にいい学びの場になっていると思います。

 

山下

なるほどなるほど。そういった学べる環境が整っているから、櫻井さんはディレクターとクリエイターの両方のスキルを身につけることができるんですね。

 

櫻井さん

そうですね。でも私個人的にはそれだけではなくて、自主的な勉強も必要だと思っています。やはり勉強会に参加しただけではできるようにはならないので。

勉強会や上司に学ばせていただくだけでなく、自主的に勉強できる人が多いから、MOVAAAの中で多岐にわたる業務をこなせるのではないかと思います。

 

山下

確かに普段から自主的に学んでいる先輩や上司が多いように感じます。
では最後にディレクター業務とクリエイター業務を同時に行っていて、良かったことはなんでしょう?

 

櫻井さん

クライアントから依頼がきた時に、自分でコストのことなど考えて判断し、一人で進行できることですかね。問い合わせのお電話やメールをいただいたときに、最初は誰かに聞いて折り返したりと、手間と時間がかかっていたのですが、今は自分で判断してすぐに対応できるようになりました。やはりどちらか一方しか分からないでいると、進行が難しいです。聞かなければ分からないことが多いので。

また、ディレクターとしての意見とクリエイターとしての意見の双方をうまく伝えられるようになったのも良かったなと思います。

 

山下

貴重なお話ありがとうございました。

 

櫻井さん

こちらこそありがとうございました。

 

▼関連記事
MOVAAAでスキルアップできるのか!? 教育担当に話しを聞いてきた。