ムバログ!

NEW

データで見るMOVAAA~数字は嘘をつかない~

  • 働く環境紹介
  • 2018.11.08

こんにちは!広報チームの乾です。

今回はMOVAAAの会社をデータからご紹介していきたいと思います!

気になる有休消化率や平均残業時間も紹介していきますよ!

 

~拠点の人数は?男女比は?~

MOVAAAは東京と北九州に拠点があります。北九州は6名、東京は16名で業務にあたっています。グループ会社であるメンバーズに比べると人数は少ないですが、

生産性を上げる取り組みを積極的に取り入れ頑張っています。

~平均年齢は?~

平均年齢は34歳ですが、内訳をみると20代の若手社員と40代を超えるベテラン社員が

多いという状況です。年齢は離れていますが、積極的な意見交換やアドバイスを気軽にもらえるという環境があり、スキルを伸ばすことができます。

 

~どんな職種の人がいるの?~

拠点ごとの職種の内訳はこのようになっています。東京と北九州の違いがはっきりと出ていますね。北九州はデザイナーとクリエイターが半数を占めていて、専門的な知識を持った人が多いです。一方で東京はクライアントとのやり取りや、チームをまとめるディレクター・プロデューサーがほとんどです。拠点が離れていてもディレクター陣が北九州のクリエイターに指示を出すなど、距離に関係なくコミュニケーションを取り業務にあったっています。

~プロジェクトの種類は?どんな仕事があるの?~

 

MOVAAAの仕事の内訳はこのようになっています。それぞれの事業では記事、画像、動画、サイトなど幅広い形の制作を行っています。そしてプロジェクトの分類にマーケティング事業と名がつくように、制作だけでなくしっかりと届ける”マーケティング”の部分までやる事がMOVAAAの特徴です。どのプロジェクトもしっかりとPDCAサイクルを回しています。製薬会社向けデジタルマーケティングの割合が少ないですが、今一番伸びている事業です。

 

~有休消化率って?仕事休めるの?~

 

2018年度上半期有休消化率です。業界平均と比べるとちょうど倍の49%と高く、1年間で完全に使い切れる有休消化率を記録しています。この理由は稼働の管理にあります。MOVAAAでは一か月に一回は有休を消化できるように稼働が調整されていて、「この業務量で休むと仕事が終わらない!」という状況がありません。ですので社員は気軽に有休をとる事ができるんです。

IT業界だけど残業時間は?ブラックじゃないの?~

裁量労働制の社員と新入社員を除いた2018年度上半期平均残業時間です。業界平均よりも0.9時間短い結果となっています。ちなみに新入社員は半年間残業はありません。繁忙期は残業をすることもありますが、基本的に定時には帰り、充実したプライベートを過ごすことができています。残業時間も管理されていて、業界にありがちなサービス残業や徹夜などなく、ホワイトな制作会社を目標に労働環境の改善に取り組んでいます。

~テレワークを採用しているけど、実際にはどのぐらいされているの?~

 

こちらは2018年度上半期のテレワーク実施回数です。

MOVAAAでは生産性向上の取り組みの一つとして東京のみ週一回を上限としてテレワークを実施しています。“そういったシステムはあるけど、形だけ…”という会社もあるかと思いますが、MOVAAAではしっかりと利用されています。

~他にもいろんなことが知りたい!~

 

まとめ

今回はMOVAAAをデータから紹介しました。

言葉で言われるよりも数字で見るとイメージしやすかったり、納得できるポイントがあったのではないでしょうか?

MOVAAAでは働きやすく、自己のスキルアップに努められる環境を整えています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。