• トップ
  • /
  • ムバログ!
  • /
  • 【メンバー紹介】3年目のコーダーがMOVAAAで新しい職業にチャレンジする理由とは?

ムバログ!

NEW

【メンバー紹介】3年目のコーダーがMOVAAAで新しい職業にチャレンジする理由とは?

  • メンバー紹介
  • 2018.08.31

みなさん。こんにちは。MOVAAA広報担当の鄭です。
2017年からMOVAAAに異動し、北九州オフィスで新卒3人を支えてくれている3年目の若手社員、飯田さんにお話を聞いてみました!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
飯田 諒(ディレクター)
2015年、株式会社メンバーズ仙台オフィスに入社。
カード会社や銀行会社などのWEBサイト構築案件にコーダーとして携わる。2016年5月からは仙台オフィスから北九州オフィスに転勤。
2017年は、MOVAAAに出向となり、飲料メーカーのSNS運用や大手財団法人のYouTube運用のディレクターとして活躍している。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨年、コーダーからディレクターに転職し、新しい挑戦を始めた飯田さん。本人にディレクターの道を選んだ理由やMOVAAAの魅力について伺いました。

~MOVAAAに異動する前の仕事では、どのようなことをされていましたか?~
2015年MOVAAAの親会社メンバーズに入社。12月まで大手カード会社のキャンペーンページ、新商品の紹介ページなどを構築するコーダーとして社会人のキャリアをスタートしました。この1年間は、コーダーに求められる基礎知識やスキルを身につけながら、社会人としての見聞も広げることができました。その後は、大手銀行のサイトリニューアルと言う巨大プロジェクトに参加することになり、多様な人々と協力をし、テンプレートの作成、リニューアルサイト構築などの業務を行いました。
大手銀行のリニューアルプロジェクトは社内で、約3年間の時間をかけて行った長期プロジェクトでした。無事リニューアルサイトが公開された時は、とても嬉しく思いました。

~現在MOVAAAではどのような業務に携わっていますか?~
飲料メーカーのSNSコンテンツ企画・運用、ソフトウェア会社のYouTube運用レポート作成、大手食品メーカーや大手財団法人のYouTube運用などの幅広い業務に携わっています。

大手飲料メーカーのSNS運用では、受託のコンテンツ制作だけではなく、SNSのエンゲージメントを上げるための企画案もMOVAAA側で積極的に提案しています。その結果、MOVAAAで提案した企画案を制作し、ユーザーに公開しています。

またYouTube運用では、コンテンツの効果を高めるため、VSEO(※1)対策と、PDCA運用、
レポーティングを通してコンテンツの状況を分析しています。分析の結果を確認し、コンテンツ全般の状況を把握して継続的な改善を行っています。

※1 VSEO (Video Search Engine Optimization ):YouTubeのSEO対策(動画検索エンジン最適化)のことで、検索で上位表示されるように適切なタイトルや概要文、タグ、サムネイルなどを設定すること。

~どんな時にやりがいを感じていますか?~

大手飲料メーカーのSNS運用で、自分で提案した企画案がクライアントはもちろん、ユーザーにも良い反応を頂き、その結果を身近で確認した時にやりがいを感じています。
また、ディレクターとしての適切な判断をし、クライアントから追加修正なしでOKを頂く時があります。この時は、きちんとクライアントの意見を取り入れることができたので、
特にやりがいを感じます。

~新しい仕事にチャレンジするようになったきっかけはなんですか?~

最も大きい理由は、コーダーの立場から少し離れて、新しい分野の経験を積むことで、仕事に対する視野を広げたいと思ったことです。制作部署では、クライアントと直接やり取りする機会が多くなかったため、今より成長したいと思い、ディレクターの職務に挑戦することになりました。
おかげで、現在はMOVAAAの若手社員として、多様なクライアントとやり取りをしながら、北九州オフィスで新卒3人を後ろで支えています。

~業務の中で、心がけていることはありますか?(コーダーとディレクターの違いの観点で)~

そうですね。共通しているところから話すと、ミスに対する姿勢はあまり変わってないです。制作者の立場でも、管理監督を行うディレクターの立場でも、ミス0を実現し、制作物のクオリティを上げることは仕事に対する基本的な姿勢だと思っています。ミス0実現はMOVAAAを信じて仕事を任せてくれたクライアントの信頼を報いる道だと思っています。
ただ、少し異なる点だといえば、責任感ですね。制作物のチェックの時、ディレクターは社内最終チェックを担当しているので、前よりもっと責任感を感じながら毎日頑張っています。

~業務を行う時、他人には負けない、「自分だけの強み」はどんなところですか?~

まだまだ未熟ですが、一つ言えることは親会社のメンバーズの頃から徹底的に身につけきた確認力です。いつもミス0を意識しながらコンテンツ制作を行っておりますので、「自分だけの強み」はミスを防ぐ「徹底的な確認力」だと思います。
今後は、この確認力をチーム内で活かして、北九州チーム全体の制作物品質を上げていきたいです。

~これから挑戦したいことはありますか?~

まだ、ディレクターとして足りない部分が多いと感じています。今よりもっとディレクションスキルを磨きたいと思っています。
また、クライアント先の訪問にも挑戦したいと思っています。直接クライアントと対面する定例会に参加し、現場の雰囲気、空気感などを体験してみたいですね。

~最後にメッセージをどうぞ~

もう少しで、18新卒が新しく配属される予定です。MOVAAAの皆と力を合わせて、北九州オフィスをもっと盛り上げていきたいです。MOVAAAでは、自分を成長させる新しい挑戦を望んでいる若手社員を募集していますので、ぜひ応募お願いします!